ウエディングプランナーは通常は結婚式場に専属しており、カップルが結婚式場の見学にして会場を決めると紹介を受けることができるというのが一般的であった。

一方で、結婚式場を出発点としない結婚式の準備の仕方として、プロデュース会社を利用するという方法がある。
しかし、しばしば高額な費用がかかるため、新生活のためにお金を節約しなければならないカップルにとっては、利用が難しいことがあるのだ。
そういったときに注目されるようになってきたのが、フリーランスのウエディングプランナーである。個人で事業を行っていることから経費が少ないこともあり、比較的安価に相談できるということで注目されてきている。

ウエディングプランナーとしてフリーランスをする際には、ただプロデュース会社より低い料金設定をするだけでは競争に勝ち抜いてはいけない。
結婚式場に専属する人や、プロデュース会社では実現できないことを実現するという視点が大切になるのだ。
企業の方針や利害関係に影響されることなく、結婚式の実現に取り組めるのがフリーランスであることもメリットであり、それを生かすことが大切なのである。

どんな無理難題であろうと、解決して実現できる可能性を追求でき、既存の枠にとらわれない自由な結婚式を目指せるのもメリットである。
そして、個人としてよりカップルのためにという視点でサービスを身近なスタンスで提供できるのも、フリーランサーならではのものと言えるだろう。

現在ウェディングプランナーとして企業に属している人の中で、決まった枠の中でしかサービスの提供ができないことにジレンマをかかえている人もいるだろう。将来的に独立を・・と自分の中でキャリアのイメージをしている人は、こちらのサイトが参考になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です